加齢黄斑変性の予防

 加齢黄斑変性の治療は抗VEGF療法の登場により格段の進歩を遂げたと思われますが、それでも一度障害された網膜を再生させることは出来ず、加齢黄斑変性が深刻な病気であることには変わりありません。

 よって加齢黄斑変性には予防と早期発見が重要です。

 予防に関しては禁煙が最も大切です。また紫外線も網膜にダメージを与え加齢黄斑変性発症のリスクとなります。サングラスなどで目を日頃から保護するのもよいでしょう。また食事も大切です。抗酸化ビタミン(ビタミンE,C、ベータカロチンなど)を含む食品、ミカン、大豆、玄米、ニンジン、カボチャ、抗酸化酵素を構成するミネラル(亜鉛など)を含む牡蠣や海藻、ルテインを含む緑黄色野菜(ほうれん草、ケール、ブロッコリーなど)、それにオメガ3脂肪酸を含むイワシ、サンマ、アジなど赤身の魚を積極的にとるようにしましょう。オキュバイトなどのサプリメントで補ってもよいでしょう。

 また、肥満高血圧脂質異常症も加齢黄斑変性の危険因子と考えられています。該当する方は生活習慣を見直しましょう。

 早期発見には「加齢黄斑変性について」で述べたように、日頃から片目をふさいで、左右それぞれの目の見え方を自分で確認するとよいです。

 

2016年09月19日