バイオレット光と近視抑制

 慶応義塾大学医学部眼科学教室の坪田一男教授らの研究グループが「バイオレット光が近視の進行を抑制する」との発表をしました。
 バイオレット光とは可視光線の中でも波長が360ナノメートルから400ナノメートルと短いもので、自然光に含まれLED照明や蛍光灯にはほとんど含まれません。また、バイオレット光はガラスや壁をほとんど通過しないため、屋内でバイオレット光を浴びることはほとんどありません。
 テレビゲームやスマートフォンなど近くばかりを見て過ごす時間が長いと近視になりやすく、学童の近視進行予防として外で遊ぶことが挙げられますがこれにはバイオレット光も関係していたようです。


2017年02月25日