結膜炎

 結膜炎になった際、日中に病院へ行く時間がなかなか取れない人はまずドラッグストアなどで一般用医薬品の目薬を購入するかもしれません。ただ一口に結膜炎と言っても様々な原因がありそれにより治療法も違ってくるためどの目薬を選べばよいのか迷われるでしょう。
 そこで役立つのが目やにです。目やにの状況が結膜炎の原因を推測するヒントになります。
 涙のようにサラサラ、透明な目やには花粉や動物の毛などによるアレルギー性結膜炎が疑われます。アレルギーやかゆみに効くと書いてある目薬を選んでみましょう。
 黄色く粘性の高い目やには細菌感染(細菌性結膜炎や麦粒腫(ものもらい)など)の可能性があります。市販薬では「抗菌作用」や「抗生物質」とされる目薬を選んでみましょう。
 白くネバネバしている目やにはウイルス性結膜炎の可能性があります。ウイルスの種類によっては感染力が強く周囲にうつしてしまうこともあります。市販されている目薬では対処が難しいので眼科を受診することをお勧めします。
 ただし、市販薬の効果は医療機関で処方される薬ほど強くはありません。症状が強い場合には医療機関を受診されるようお勧めします。

 

2016年10月13日