ブログ

ブログ一覧

iPS細胞の網膜移植で患者募集(再生医療)

 他人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作成した網膜細胞を目に移植する世界初の臨床研究計画が平成29年2月2日に厚生労働省で承認されました。
 これにより理化学研究所などは移植をうける患者5人程度を神戸市立医療センター中央市民病院で募集するとのことです。

 詳細はこちら(理化学研究所HP広報活動)よりご確認ください。


2017年03月01日

バイオレット光と近視抑制

 慶応義塾大学医学部眼科学教室の坪田一男教授らの研究グループが「バイオレット光が近視の進行を抑制する」との発表をしました。
 バイオレット光とは可視光線の中でも波長が360ナノメートルから400ナノメートルと短いもので、自然光に含まれLED照明や蛍光灯にはほとんど含まれません。また、バイオレット光はガラスや壁をほとんど通過しないため、屋内でバイオレット光を浴びることはほとんどありません。
 テレビゲームやスマートフォンなど近くばかりを見て過ごす時間が長いと近視になりやすく、学童の近視進行予防として外で遊ぶことが挙げられますがこれにはバイオレット光も関係していたようです。


2017年02月25日

ドライアイ対策

 近年、パソコンやスマートフォンの普及、エアコン、コンタクトレンズの使用で目を取り巻く環境は過酷となっています。それによりドライアイの患者も増えていますが、ドライアイの対策をしている方は意外に少ないようです。
以下に日常生活でできるドライアイ対策を記しますので参考にしていただければ幸いです。

 

1.エアコンの風を直接目に当てないようにする。
2.パソコンの画面は目より低くする。
3.パソコンやスマートフォンなどの作業は1時間毎に10分くらいの休憩をはさみ目を休める。
4.目の疲れを感じたら目を暖める。
5.ストレスを溜めないようにする。
6.部屋が乾燥している場合は加湿器を置くなどする。
7.市販の目薬を使う場合は防腐剤の入っていない人口涙液を選ぶ。
8.コンタクトレンズを使用している場合は眼科で定期検査を受けて、気になる症状は医師に申し出る。


2016年12月23日

ドライアイとは

 ドライアイの症状といえば「目が乾く」が真っ先に思い浮かぶでしょうが、その他にも「目がゴロゴロする」「目が開けにくい」「疲れる」「何となく見えづらい」など多彩な症状を引き起こします。
 日本人の1000万人以上がドライアイとの統計もあり、さらにオフィスワーカーを対象とした研究では全体の60%以上がドライアイもしくはその疑いと言われている非常にポピュラーな病気です。

 ドライアイは失明につながるような怖い病気ではありませんが、日常生活の質を落とす慢性疾患です。目薬などの治療でいったん症状が治まったとしても、治療を中断すると再発することもあります。症状が強い場合は治療を続けていく必要がありますが、治療法や日常生活の注意点についてはまた別の機会で書かせてもらいます。

 

2016年12月09日

目にいい栄養素

 目にいい栄養素として、これが全てというわけではありませんが幾つか挙げてみます。

 

ビタミン
 ビタミンAは粘液の分泌を促して目の表面に潤いを与えてドライアイの予防に効果的です。夜盲症や疲れ目にも効果があり、ニンジンやほうれん草、ニラ、カボチャに多く含まれています。
 βカロチンはニンジンに多く含まれ、体の中でビタミンAに変化します。
 ビタミンCは水晶体の酸化を防いで白内障を予防してくれます。また緑内障や老眼、飛蚊症も予防すると言われています。ブロッコリーやほうれん草、柑橘類に多く含まれていますが、水に溶けやすく熱に弱いので調理に気をつける必要があります。
 その他、ビタミンEは抗酸化作用に優れ、ビタミンB群も目にいいです。

 

ポリフェノール
 ルテインは抗酸化作用が強く、老化を促進する活性酸素を除いてくれるポリフェノールの一種です。加齢黄斑変性に老眼、白内障、疲れ目、ドライアイなどを予防してくれます。ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜で摂取できます。
 アントシアニンもポリフェノールの一種で抗酸化作用を有して、疲れ目や目の下のクマを軽減してくれます。ブルーベリーが有名ですがカシスにはブルーベリーの3倍のアントシアニンが含まれています。

 

2016年11月26日
» 続きを読む